Message

代表挨拶

運送業者ではなく物流業者をめざして

「物流は経済の一角を担っている」
これが、私がこの業界に新人として参入した当時、
恩師である運送会社の社長より頂戴した言葉です。

また同時に「日本が戦争に負けたのは(政治的な意味は何もなく)
生産と物流が論理的に結合出来なかったからだよ」とも言われました。

当時から約20年を経て、実際に物流業界、
特に昨今の物流不況の中に身を置いてみますと
【販売の低迷】=【生産の減少】=【物流の下降】
という当たり前の方程式を日々痛感しております。

しかしながら、私どもディーノプロジェクトグループは、
客観情勢を言い訳にすること無く
「物流は工夫ひとつで合理化できる。そしてそれは生産者・消費者様にとって、
また我が日本国にとってもより向上の為の有力手段の一つである。」
を理念として常に歩み続けます。

私自身は、前述の運送会社社長をはじめ沢山の方々のお引き立てにより、
今ここに存在しております。

「一期一会」の言葉の重みを感じつつ
「お会いする皆様方全てが私の恩師である」という考えのもと
「皆様のご期待にお応えする」事が私の使命であると信じております。

「皆様のお役に立てる」
そんな企業でありたいと思っております。

平成28年1月吉日
高橋 克也